メイクするのが大の苦手だった20代の私へ伝えたい事

こんにちは。
41歳でメイクに目覚めたKIKO( @kikoslog) です。

 

就職したばかりの20代の頃は、ほんとにメイクが苦手で、

なんでこんな鬱陶しくて面倒くさいことを、毎朝睡眠時間を削ってしなくてはならないのか!

と本気で思っていました。


でも今、メイクを楽しめるようになってみると、当時の私に伝えたいことがたくさん出てきました。

 

20代の私のように「メイク初心者未満」の方にむけて、今回の記事は書きました。
自分を楽しむための、はじめの1歩を踏み出していただけたら嬉しいです。

 

こんな人に読んでほしい

 

✔︎メイクが苦手or興味がないけど、しなきゃいけない
✔︎初心者向けのHowtoを読んでも、なんだかうまくいかない
✔︎美しく歳を重ねたい

 

アイキャッチ

 

 

メイクが苦手だった理由


もともと小さい頃はアトピー性皮膚炎があったりと、肌が弱かった私。

 

高校生時代に周りの同級生に影響され、メイクに興味を持ってみたものの、自由に化粧品を試せる財力もなく…
大蔵大臣である母親は、私がメイクをすることにかなり否定的。

 

大学生になり、周りの友達の70%くらいがメイクをする中、私にも再びチャレンジの波がやってきました。

当時は今のようにコンビニで化粧品が買える時代ではありません。
勇気を出して「化粧品屋さん」へ行ってアイシャドウなどを購入してみても、メイクした顔に馴染みがないので、何だか気恥ずかしく、とても外出する気にはなれませんでした。

 

社会人になり、弱小広告代理店に就職した私。
華やかな世界ですから、女性の美の合格点はとても高く、学生時代からメイクに苦手意識を持っていた私としては、仕事以前のみだしなみの部分でとても苦労しました。

 

当時の私としては
「学生時代は”メイクするなんて!”と禁止されていたのに、社会人になったら”メイクするのはマナー”とかいきなり言われても…」
と思っていたのだと思います。
今思えば、そうとうひねくれて拗らせていましたね〜(笑)

 

でも私と同世代の「(兄弟に)お姉さんのいない女子」は、こういう感想を持つ方が少ならからずいるような気がします。

 

ここからは20代当時の私の心の声に、1つ1つ答えていきたいと思います。

 

なんでメイクなんてしなきゃいけないの?

なんでこんな面倒な事しなきゃいけないの?
もっと朝は寝ていたい…

 

そもそも世の女性達(最近は男性も)は、なぜメイクをするのでしょうか?

・社会人としてのマナーだから
・自分に自信をつけるため
・楽しいから

どれもアリだと思います。

 

では今の私はなぜメイクをするのか?
「メイクした顔が好き」だし「お手入れせずに歳をとって、後悔したくない」からです。


マナーとしてメイクするならば、「私の顔はここにありますよ!」とわかる程度にしておけば問題ないと思います。

 

POINT!

 

✳︎ファンデーションを塗る=肌をのアラを隠してきれいに見せる
✳︎チークをぬる=顔を血色よく、健康的に見せる(ファンデーション を塗ると人工的な感じになるので)
✳︎眉を描く=顔の輪郭を作る
✳︎アイシャドウと口紅=「ここに目と口がありますよー」と、顔にポイントを作る

 

化粧品はどう選べばいいのか分からない

自分の肌に合う化粧品が分からない。
1本数千円するから、失敗するのがヤダ。

 

そんな時は…
基礎化粧品は、ミニボトルで購入できるものから試してみましょう。
安いから、肌に合わなかったとしても、後悔が少ないです。

 

ファンデーションなども、コンビニコスメなら、ポーチに入るサイズの小ささのものが500円くらいから売っています。
万が一、メイクに対するやる気がなくなり、スッピン生活に戻ったとしても、無駄にする量が少ないので、心のダメージが少なめで済みます。

 

おすすめその1「無印良品」

無印良品の化粧品

 

雑貨も食品も購入できる無印良品ですが、化粧品のラインナップも豊富で使い勝手も良いです。


また、デパートの化粧品売り場と違って店員さんと話さなくても良いので、じっくり商品を手にとって検討することができます。

 

基礎化粧品は、一番小さいサイズで、50mlの携帯用から購入できますし、肌のタイプでラインナップが選べるようになっています。

 

おすすめその2「コンビニコスメ」

コンビニコスメ

 

下地やファンデーションはコンビニコスメを購入して試してみるのもおすすめです。
サイズもお値段もプチプラですが、話題の商品も多く発売されています。

 

私のお勧めはファミリーマートで購入できるmediaのクリームファンデーション。

もともとは海外旅行に持っていく化粧品として購入したのですが、使い切るスパンが短いので、衛生的かなとも思っています。

 

 

化粧水が染み込むと、手が吸い付くとか嘘でしょ

CMでやってますよね。
「この化粧水をつけると、手が吸い付くみたいなモチモチ感!」

 

ただ単に、肌がベトついてるだけじゃないの?


化粧水は「手でつける派」の方と「コットン派」の方といます。


初心者未満の方は、手でつけるのがおすすめです。
理由は毎日手で顔を触っていると、その変化がわかるようになるから。
変化に気がつくと、肌をよく観察するようになります。

 

じっくり手の体温を使って化粧水を入れ込むと、「ベタベタ」ではなく、お肌自体が「もっちりと」膨らんでくることがわかると思います。

 

そもそもメイクに興味のなかった過去の私は、化粧水はささっとコットンでつけるだけ。
顔や肌を観察するなんて、これっぽっちもしていませんでした。

 

チークをつけると”おてもやん”になる

頬にチークをつけると、不自然だし芋姉ちゃんぽさがハンパない

 

チークのつけすぎ問題、これは「初心者あるある」かと思います。

 

この場合、クリームチークを試してみることをお勧めします。
パウダーチークより、修正がしやすく加減もわかりやすいと思います。

 

ブラシだと、どの程度粉がついているか、パッと見てわかりません。
指でクリームをとって、すこしずつ頬の狙ったところにペタペタとのせましょう。


のせすぎた場合は、クリームのついていない指でペタペタして加減してください。

 

▼私はこのクリームチークを愛用中です。口紅にも使えます。

 

眉がうまくかけない

自分の顔にあった眉の描き方がわからないし、狙ったところにうまく線が引けない

 

眉は顔の輪郭を決めるので、なかなか難しいですよね。

 

まず、眉を描く時は、顔の力を抜きましょう。


つい鏡の前に立つと、自分なりの「イイ顔」をしてしまいがちです。
しかしどちらかというと無表情で疲れた感じ、なんなら目つきが悪いくらいの脱力感の方が描きやすいです。

 

これはたぶん顔の筋肉が力を入れると盛り上がってしまい、アイブロウが筋肉を乗り越える際に、自分の思わぬ方向にペンが走ることが原因ではないかと思います。

 

▼アイブロウは細すぎず太すぎない芯のものが、初心者にはおすすめ!
こちらの無印良品の商品はパウダーもついていて、使いやすいです。 

 

おわりに


メイクに目覚めて3年ほどのアラフォーが、メイクについて思うところを書いてみました。

 

40代に入り、シミもたるみも気になってきた頃、

「このままメイクの楽しさを知らずに老いていくのは、なんだかもったいないかも」

と思ったのが、メイクに目覚めたきっかけです。


メイクが苦手だった20代の頃は、こっそり1人でメイクのやり方を学べるのは雑誌の誌面だけ。
でも今は動画という強い味方があります。

 

私はあいりさんという、アラフォーYouTuberの方のメイク動画を参考にすることが多いです。

www.youtube.com


とにかく、顔を彩るということはバランスが大事です。


はじめは特にメイクした顔自体が見慣れない顔でしょうから、アイメイクだけ頑張っても変に感じるのは当たり前です。

 

見慣れないながらも、とりあえず最後までフルメイクしてみてください。
色をのせる場合は薄めからスタートして、全体のバランスをみて足すと、違和感少なくできあがると思います。

 

最後に20代の私へメッセージを…

離婚したりメンタルやられて死にそうになったりしたけど、今はメイクを楽しめる程度には楽しく生きてるよ。

だからね、頼むから 

「シミ予防のため、日焼け止めは必ず塗って、こまめに塗り直してくれ〜」

 

女性だからメイクしなきゃいけない…
女性だからヒールのある靴じゃなきゃいけない…
女性だからメガネ禁止…(男性はOK)

 

そんな世の中への批判も、昨年くらいからよく耳にするようになりました。
そのうちメイクも、必ずしもしなきゃいけないものでもなくなるのかも…

「メイクをする・しない」は、個人が選べる時代になったら良いなと思います。
主体的に、自信を持てる自分を演出するための道具として捉えたら、もっとメイクが楽しくなると思います。

 

\ Twitterでこの記事を紹介する /

 

\ 応援をポチッとお願いします /

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし専業主婦へ
にほんブログ村

 

 

 

Copyright © 2020 KIKOの頑張らない毎日 All rights reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ