【2021年】父の日に体組成計をプレゼントしました【スマホ連動】

こんにちは!KIKO( @kikoslog)です。

 

昨日は父の日でした。
昨年も同じような記事を書いてるなぁ(笑)

 

ganbara-nai.hatenablog.jp

 
さて、今年の父の日のプレゼントは体組成計にしました。


購入にあたり、メーカーのコールセンターに電話をかけたり、いろいろと調べたので、せっかくだからブログにまとめておきます。

 

スマホに連動できる体組成計選びの参考になればと思います。

 

 

商品選びの条件は「ヘルスケア」アプリとの連動

 

私の父は昨年末に糖尿病と診断され、食事療法や運動を頑張っています。
いまでは体重を10キロちかく落とし、筋肉も付いてきたそうです。

 

そんな父は、iPhoneの「ヘルスケア」アプリに日々の体重や体脂肪BMIを入力し、右下がりになっているグラフを見て楽しんでいるタイプ…。

 

なので今回のプレゼントの条件は「スマホに自動でデータが同期される」こと。

そこで、タニタとオムロンのカタログをもらってきて、比較検討しました。

 

タニタはRD917LとRD916Lを比較

 

日本で初めて家庭用体重計を開発したタニタ
さすがスマートフォン連携の商品が豊富です。
(2021年6月現在で6種類)

 

 

6種類の中から、より正確な測定ができる「デュアルタイプ体組成計」のRD917LRD916Lを検討してみました。

 

 

f:id:kikoslog:20210621180507j:plain

ちなみにカタログには「RD917L /RD915L」と「RD916L /RD914L」となっていますが、これは流通経路の違いで型番を分けているだけで、それぞれ同じ商品だそうです。

 

このふたつの違いはRD917Lの方が最小表示が50gとより細かく測定できるようになっています。

 

またさまざまなデータの測定ができますが、その表示に違いがあります。

 

RD917Lすべてのデータが本体の表示窓で確認できるのに対して、RD916L対応アプリ(ヘルスプラネット)でのみ確認できる項目があります。

 

対応アプリでのみ確認できる項目
  • 基礎代謝量
  • 基礎代謝量判定
  • 体内年齢
  • 体水分率

 

その他の機能はほぼ同じと考えて大丈夫です。

 

オムロンはカラダスキャンHBF−703Tを検討

 

オムロンはスマートフォン連動できる機種は3種類あるようですが、その中から両手両足測定のできる「HBF -703T」を選んでみました。

 

 

両手両足測定タイプは、電極のついたグリップを両手で握って測定します。

人間の体内の水分量は夜になるにつれ下半身に集まってきます。
(夕方になると浮腫んだりしますよね?)

f:id:kikoslog:20210621182219j:plain

体重体組成計とは? | 商品情報 | オムロン ヘルスケアより画像引用

 

このグリップからも弱い電流が体内に流れることから、体内水分の日内変動の影響を受けにくく、より正確な測定ができるそうです。

 

「ヘルスケア」アプリに同期できる項目

 

いろいろと検討した結果、私はオムロンの体組成計を購入しました。

f:id:kikoslog:20210621180513j:plain



決め手は

  • もともと父はオムロンの商品を使用しており、両手両足測定になれている
  • 「ヘルスケア」アプリにBMI値も同期できる

 

「ヘルスケア」アプリに同期できる項目

 

  • ヘルスプラネット(タニタ)=体重、体脂肪
  • オムロンコネクト=体重、体脂肪、BMI

 

今までのデータが残っているiPhoneの「ヘルスケア」アプリを今後も使用したい父にとっては、BMIも自動的に同期できたほうが良いかなと思いました。

 

私も購入しようと思っています

 

父のプレゼント選びでメーカーさんに電話をかけて調べたりした結果、私もオムロンの体組成計が欲しくなりました(笑)

 

父の日当日に実機を見せてもらったのですが、なかなかスタイリッシュ!
おまけにオムロンコネクトというアプリが見やすくて、連携も簡単でした。

f:id:kikoslog:20210621182843p:plain

モバイルヘルスケアをサポートする健康管理アプリ「OMRON connect」(オムロン コネクト) | ニュースリリース|企業情報|オムロン ヘルスケアより引用



アプリをダウンロードして、アプリ側で使用者を登録するだけ。

 

最近、不妊治療をやめてからというもの、食べたいものを食べる生活…(汗)
そろそろ身体にも気を使って行かないと!

 

こういうデータが出るものは努力できるタイプの私なので、きっとハマるはず。
なによりただ体重を落とすだけじゃなくて、筋力や体内の水分量も測れるのが良いですよね。
より健康的な身体を手に入れるための励みになりそう。

 

というわけで、また購入したら実機レビューしたいと思います。

 

\ Twitterでこの記事を紹介する /

 

\ 応援をポチッとお願いします /

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし専業主婦へ
にほんブログ村

 

 

不妊治療の記録は1冊の手帳にまとめよう。私の手帳の使い方を全公開します!

 

不妊治療に挑まれているみなさん、ホルモン値や治療成績はどのように管理していますか?

 

治療中は記録することが、いっぱいありますよね。

・通院スケジュール
・ホルモン値
・生活する上で気をつけること

 

今回は不妊治療の記録を、見返しやすくまとめる手帳の使い方をご紹介します。

高度不妊治療での使用方法がメインとなると思いますが、後半にタイミング法やAIHにチャレンジされている方におすすめの手帳も紹介しています。

 

こんな人に読んで欲しい

*通院記録を、見やすく手帳にまとめたい
*可愛い手帳を使って、治療中の気分をあげたい
*不妊治療についての資料や、調べたことをまとめておきたい

f:id:kikoslog:20200325150624j:plain

3年間の手帳と森戸大明神の子宝石とお守り

 

*この記事を書いた人*

KIKO

 

41歳から45歳まで高度不妊治療を経験。
積極的な治療は終了しましたが、自分の身体と真剣に向き合った4年間は大切な経験でした。

▶︎不妊治療を終わらせた理由と妊活戦士へのメッセージ - KIKOの頑張らない毎日

 

文具や手帳が大好きで、通院手帳以外の手帳も使用しています。

▼手帳の使い分けについては、こちらで紹介しています

 

 

不妊治療で手帳を使う目的

 

クリニックの待合室では、手帳を広げている方をよく見かけます。
私も治療をはじめた頃から手帳を活用していました。

 

その目的は下記の5つです。

手帳を使う5つの目的

1)いつどんな治療をしたか、記録を残す
2)いままでのホルモン値を、見返せるようにしておく
3)調べたこと、学んだことをまとめておく
4)助成金や確定申告のため、支払った治療費をメモしておく
5)診察券やお薬手帳は、ひとまとめにしておく

 

ホルモン値は過去の自分の数値も参考にする

 

4年間治療をしてきて特に大事だと思うのは、2つめの「ホルモン値の記録」です。

 

不妊治療ではだいたいD3(生理3日目)のホルモン値を計るところから治療がスタートすることが多いと思います。
そして採卵周期ならE2やFSHの値を、通院のたび採血して測定し、卵胞の刺激方法や採卵日を決めていきます。

病院によってはホルモン値によって、治療の内容が機械的に決まってしまう場合もあるようです。

D3のE2が高かったから遺残卵胞があるらしい…とか、FSHが高すぎておやすみ周期になってしまった…とか。

 

しかしこれは、あくまでも医療上の基準値でしかありません。
それよりも参考になるのは、過去の自分の数値。

 

私の場合はなぜか冬になると採卵の成績が良くなったので、手帳で傾向を掴みながら、”頑張りどころ”を探すといった使い方もしていました。

 

手帳にホルモン値を記録しておけば、医療上の基準値と過去の自分の数値、どちらも活かせると思います。

 

不妊治療で使う手帳に求める条件とは?

f:id:kikoslog:20200325161016j:image

では不妊治療を共に歩む相棒としてふさわしい手帳は、どのようなものでしょうか?

私の考えた条件は下記の4つです。

◎気持ちの明るくなるデザイン
◎診察券やお薬手帳などを入れるポケット付き
◎月間カレンダー→メモページ→月間カレンダーという構成
◎年間予定が書けるページ

 

明るい気持ちになれる日本能率協会のカンタカルタ

 

この4つの条件にピッタリだったのがこちらの手帳。

「カンタカルタ」といいます!

日本の老舗手帳メーカー「日本能率協会」が作っている手帳で、その品質は折り紙つきです。

 

見た目もポップでカラフルで、個性的なデザインが選べます。

う〜ん、可愛い!
気持ちが明るくなりますね。

 

表紙はイタリアのデザイン事務所「ハッピーチェントロ社」が手がけており、例年10種類近くが発売されるので、きっとあなたのお気に入りも見つかるはず!

 

素早くページを開けるコーナーカット

ページ下には切り取り線がついています。
これはページをパッと開くためのもの。

 

診察室に急に呼ばれても、慌てず素早く目的のページを開くことができます。

 

お薬手帳が収納できるポケット付き

そして巻末には大きめのポケットがついており、表紙が勝手に開かないためのゴムバンドもあります。

 

ポケットにはお薬手帳や診察券も収納できます。

f:id:kikoslog:20200325161038j:image

 

ドット方眼のノートページがたっぷり

巻末にはドット方眼のノートが97ページ(2020年版)もあります!

 

日記や、自分で調べたことをまとめたり、クリニックからもらった資料をはりつけたりできますよ。

 

実際の使用例をご紹介

では私がどのように使用しているのか、たっぷりの画像と共に紹介しますね。

 

(クリックで各項目にジャンプできます)

 

 

年間ページ(PLAN&RECORDS)でプランニング

記入内容

*月ごとの簡単なふりかえり
*かかった費用の合計
*リミットまでのカウントダウン

 

f:id:kikoslog:20200325184657p:image

年間ページには月ごとのTopicsと、かかった費用の合計を記入しています。

 

そして私は治療を始める時に卒業のタイミングも決めていたので、カウントダウンの数字を書き込んでいます。

 

治療中はつい目先のことに必死になってしまいがちでしたが、ときどきこのページを眺めて先を見通す時間を持てたことは、精神の安定に繋がったように思います。

 

 

月間カレンダーはスケジュールと治療費のまとめ

記入内容

*生理周期
*基礎体温
*通院スケジュールと治療内容
*服薬スケジュール
*日ごとにかかった治療費

 

f:id:kikoslog:20200325183843p:image

月間カレンダーには、1ヶ月を見通して記録しておきたい内容を記入しています。

少しでも楽しい気持ちになるように、シールやプチデコラッシュを使用しました。

 

右側には日ごとにかかった治療費をまとめています。
こうしておくと、確定申告の医療費控除でも計算がしやすいですよ。

 

 

メモページはその月のまとめ

記入内容

*左ページ→その月の成果のまとめ、通院日ごとのホルモン値
*右ページ→診察メモ

 

f:id:kikoslog:20200325182633j:image

月間ページをめくると、見開き1ページのメモページがあります。

 

左ページにはあとから振り返りやすいように、上の方にその月の成果のまとめを記入し、その下には通院日ごとのホルモン値を記録しています。

 

右ページは診察メモ。
私の通っていたクリニックでは、ホルモン検査の結果がシールだったので貼り付けて、その横に医師と相談したことや感想を記入しました。

 

 

巻末メモページには治療成績一覧と学んだことをメモ

巻末にはドット方眼のノートページがあります。
こちらには過去のすべての治療成績を記入しています。

 

治療が複数年に渡った場合は書き写してまとめておいた方が、いちいち過去の手帳を探さなくて済むので楽だと思います。

 

治療成績一覧

記入内容

・採卵した日付
・受精方法
・採卵できた数、受精した数、凍結できた数
・備考(凍結できた場合のグレードなど)

 

f:id:kikoslog:20200325182524j:image

私は体外受精、それも採卵に費やした期間がとても長かったので、その結果一覧を作りました。

 

1クールごとの治療まとめ

治療が複数年にわたると、手帳が変わってしまうため、昨年以前のホルモン値などのデータをまとめてあります。

 

書き方はメモページ同じです。

 

調べたこと、学んだこと

自分で調べたことや鍼灸の先生に教えてもらったことなど、メモをしてあります。

 

f:id:kikoslog:20200325182558j:image

またクリニックで渡されたプリントを貼り付けたりもしています。
おかげで1年目の手帳はめっちゃおデブになってます。

 

 

開きやすい最終ページには病院の一覧を

記入内容

*クリニックの一覧とデータ(病院名、電話番号、担当医師、診療時間)
*診察券番号

 

治療期間が長くなると、クリニックを転院したり、単発の検査でお世話になる病院もありますよね。

私の場合は、鍼灸院や不育症検査、栄養指導で通った病院の一覧を記入しました。

 

病院に問い合わせをすると、だいたい診察券番号を聞かれますので、あらかじめこのページに書いておきます。

 

タイミング法やAIHで活用できる妊活手帳

市販の「妊活手帳」というのも販売されています。

 

基礎体温はアプリで記録されている方も多いと思いますが、クリニックによっては紙ベースでの提出を求められることも…

 

こちらの基礎体温のリフィルはとても使いやすそうなので、タイミング法やAIHにチャレンジされている方におすすめです。

 

▼画像をクリックすると楽天のページに移動します。

 

2穴のシステム手帳タイプなので、クリニックからもらう資料をまとめておくのにも便利ですね。

 

おわりに

 

このページをご覧になっている方は、不妊治療にチャレンジ中の方が大半かと思います。

ほんと、不妊治療って大変です。

*忙しい中での通院、痛い採血や検査、時間ごとに決められた注射や服薬

*仕事とのスケジュール調整、ホルモンの変化による突然の体調不良

*喜びと悲しみの落差、授からない焦り、金銭的な不安

 

2019年7月に「スッキリ」(日本テレビ)という番組で、不妊治療の特集が組まれ、「不妊治療のストレスはがんやエイズを抱える女性と同等のレベル」と伝えられていました。
(ソースとなる研究結果はこちらのブログで紹介されています。)

 

そんな身体的にもメンタル面でも大変な治療をしているからこそ、データの管理は手帳にまかせてみませんか?

「この手帳を開けば、必要なことはすべて書いてある」

そんな安心感は、通院の負担をきっと減らしてくれるはずです。

 

1冊の手帳にまとめておくことで、子どもを授かった場合は、大切な想い出の手帳になるでしょうし、授からなかった場合でも、「これだけやったんだ」という達成感と納得感が得られると思います。

皆さんの元に、幸せのコウノトリがやってくることを、心の底から祈っています!!

 

 

\ 応援をポチッとお願いします /

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし専業主婦へ
にほんブログ村

 

 

\ Twitterでこの記事を紹介する /

【Basio2から】機種変更の際にやったこと【iPhoneへ】

70代の母が、携帯電話の機種変更をしました。
あまり機械が得意ではない母に変わって、私が申し込みやデータのバックアップなどを手伝いました。

 

iPhoneユーザーの私は、母の簡単スマホのバックアップのやり方がよくわからず…
参考になるブログを検索したのですが、あまり見つからなかったので、私がやったことをまとめておきます。


どなたかの参考になれば幸いです。

f:id:kikoslog:20200714173026p:plain

 

 

機械が苦手な母が機種変更する気になったのはChromeCastのおかげ?

 

今回の買い替えに至る経緯を、簡単に紹介しておきます。
先に「やったこと」を確認したい方はこちらをクリック→ 簡単スマホからiPhoneへ機種変する時にやったこと

 

LINEの画像データを全部ダウンロードしていてスマホが満タン!!

 

3年前、弟夫婦に孫が生まれることになりました。
それをきっかけにLINEを使いたくて、ガラケーからBasio2(いわゆる簡単スマホ)に乗り換えた母。

 

はじめは画面を直接タップして文字入力することに苦戦していましたが、なんとか電話・メール・ライン・写真を撮ることは問題なく使いこなしていました。

 

3年ほど経ち、最近はスマホの動作がめっきり遅くなったというので確認してみると、容量がギリギリ!
そんなにアプリも使っていないのになぜ??と思ったら、なんと弟からLINEに送られてくる孫の動画を、スマホ本体にすべてダウンロードしていたのです(笑)

 LINEに置いておくと消えちゃうのでは?と心配してのことみたいです。

 

(ちなみに義母もLINEの画像データを本体にダウンロードしていたので、”高齢者あるある”なのかも?)

 

今回iPhoneに機種変更した理由

 

データ満タン問題は、写真をSDカードに移動することで解決しましたが、そろそろ電池の持ちも悪くなってきたし、新しい簡単スマホに買い替えるタイミングかなと考えていました。

しかし、管理を任されている側(娘の私)からすると、「iPhoneに乗り換えてくれた方が楽だなぁ」とずっと以前から思っていました。

 

他人のスマホを、いろいろ調べながら管理するのは、結構手間がかかります。
おまけに簡単スマホはiPhoneほど解説されているブログもありませんから、キャリアのQ&Aを理解しながら読むしかありません。

 

母にも何度か「iPhone、使いやすいよ。」と勧めてはいたのですが、母の周りの友達はだれも持っていないし、「できる人のスマホ」というイメージが強いようで、「私には無理よ〜」と拒否されていました。

 

ところが、最近父がChromeCastを購入し、両親はYouTubeを観るのにハマっているのです。

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

ChromeCastは、テレビの画面でYouTubeや有料の動画が観れるのですが、Amazon FireTVStickとは違い、スマホにアプリをダウンロードして指示を出してあげないといけません。

 

簡単スマホの母は、iPhoneを使っている父にYouTubeを再生してもらないといけないのがわずらわしいらしく、やっと今回iPhoneへの買い替えに意欲を見せてくれました。

 

簡単スマホからiPhoneへ機種変する時にやったこと

 

Basio2からiPhoneへ機種変更するときに、実際にやったことを紹介します。
機種変更の手続きをしてくれたauショップの方にも「これだけやってあれば安心ですね」とお墨付きをいただきました。

 

DATE

✳︎Basio2 SHV36 から iPhoneSEへ
✳︎携帯電話会社 auのまま

 

iPhoneSEの予約から来店予約まで

 

予約はauのホームページからできます。
簡単に流れを紹介します。

 

▼予約はこちらから

www.au.com

 

1)au Online Shopで商品・色・容量を選ぶ。
契約種別は「機種変更」、契約購入方法は「店舗」を選びました。

 

2)受け取りに行く店舗を選ぶ
父がいつもお世話になっているPiPitを選択。

 

3)契約者情報を入力
母の名義なので、すべて母の内容で入力。

 

4)予約番号の載ったメールが届く
申し込みが完了すると、予約番号が載ったメールが届く。

 

5)確認の電話がくる
翌日、PiPitから電話があり、申し込み内容を確認。

 

6)在庫確保の電話が来る
10日ほどして、在庫が確保できたと電話あり。

 

7)来店予約をする
受け取りに行く日を、直接店舗に電話連絡。

 

▼ワクワク度を上げるためカバーとガラスフィルムは先に購入しました

 

バックアップはアプリを利用

 

iPhoneを受け取りに行く日が近づいたら、Basio2のバックアップをとります。
ここで保存できるのは「アドレス帳・写真・動画」です。

auの「データお預かり」というアプリを使って作業をします。
下記のサイトに手順が示されています。

 

▼こちらのサイトを参考にしました。

www.au.com

 

必要になるもの

・au ID
・パスワード

「今使っている機種」と、「機種変更後の機種」を選ぶと、それにあったデータ移行の方法が表示されます。

 

1)STEP1のお手続き内容は「機種変更」

 

2)STEP2のデータ移行元の機種は「Androidスマートフォン」を押す。
「ブランド名から絞り込み選択」で「BASIO」を選択し、機種名を選ぶ。

 

3)STEP3の新しく購入する機種は「iPhone」を選択。

 

4)「データ移行方法のご案内」の「バックアップ方法」を押すと、詳しいやり方が出てきます。

 

iPhoneを購入した後に、「データお預かり」アプリを使って、電話帳などのデータを元に戻します。

auショップではデータを戻すところまではやってくれませんが、操作方法がとてもわかりやすく載っている冊子をくれました。


データを元に戻すためには「データお預かり」アプリからのダウンロードが必要になります。
データ量が多いので、帰宅後WiFiを繋いでからやった方が良いかと思います。

 

▼口で説明するよりも、本で理解した方が分かりやすいかなと思い、このような本を購入しました

LINEのバックアップはまた別の操作が必要です!

 

LINEの場合は、機種変更する直前に「アカウント引き継ぎ」の操作をするのですが、その際メールアドレスとパスワードの設定が必要になるので、先に済ませておきましょう。

 

1)LINEホーム画面→歯車マーク→アカウントの画面で、メールアドレス欄が未登録になっていることを確認。

 

2)メールアドレス欄を押すと入力画面に移動

 

3)メールアドレスとパスワード(2回)を入力。確認を押す。

 

4)入力したメールアドレスに認証番号が届くので確認する。

 

5)LINEアプリに戻って認証番号を入力して、「登録する」を押す。

 

6)機種変更に行く日に「アカウント引き継ぎ」の操作をする。
LINEホーム画面→歯車マーク→アカウント引き継ぎ設定→ボタンをONにする

 

念のためSDカードにもバックアップ

 

私は自分がauではなく、引き継ぎアプリを使うのも初めてなので、念のためSDカードにもバックアップをとっておきました。

 

▼こちらを参考にしました

sharpmobile.zendesk.com

 

途中、セキュリティキーの入力を求められました。
特に変更していなければ、お買い上げ時のまま「1234」に設定されていると思います。

 

【追記】購入後に苦戦したこと

 appleIDの設定まではauショップでやってもらえました。
帰宅後一通りの設定をしたのですが、ちょっと難しかったことは「指紋認証」。

 

iPhoneSEはまだホームボタンもあり、指紋認証が可能です。
帰宅後に母の指を借りて指紋登録をしたのですが、これがなかなか苦戦しました。

 

「ボタンの上に指を乗せる」のが慣れないと難しいようで、つい押してしまう…(汗)
押しても指紋登録はなんとかできるのですが、設定が終わり指紋認証でiPhoneにログインしようとしても、なかなか認識してもらえません。

 

指を乗せる練習をしてから、再度指紋登録を行ったところ、ログインできるようになりました。

 

「スマホが開けない!」と不安になってしまったようなので、はじめは「指をボタンの上に置く」練習をしてから登録するといいかもしれません。

 

あと、家族がよってたかって教えるのはNG。
係りを決めてゆっくりじっくり慣れてもらいましょう。
うちの母だけかもしれませんが、拒否反応が出るとそれ以降の説明が、なかなか頭に入らないようです…。

 

おわりに

 

やっと母がiPhoneに機種変更してくれました!やったー!

 

簡単スマホは文字入力もおぼつかなかった母にとっては、入門編としては使いやすかったかもしれませんが、管理を任されているiPhoneユーザーの私としては、とてもわかりにくかったです(汗)

 

なんかこう「高齢者にもわかりやすく、便利にしておきましたよ〜」という配慮が、こちらとしては逆にとてもわかりにくい…

 

 

両親を見ていると、70代前半は新しいことを覚える最後のチャンスなのかな?という気がしています。


なんでも「ネットで調べる」ことが標準とされる世の中で、自分で調べることができないと、電話で問合せたり、店舗に出かけたりと時間もお金もかかります。

逆にスマホやPCをそれなりに使いこなせることは、かなりのアドバンテージになると思うのです。
 

幸いなことに父は新しもの好きで、PCも使えますし「ググる」ことができるので心配ありませんが、これからは母も自力でYouTubeをみたり、レシピを調べたりとiPhoneを便利に使って欲しいなと思います。

 

70代ですが、まだまだ元気な母。
お友達もたくさんいますし、趣味のサークルもあれこれ掛け持ちしていて活動的です。
これからはピカピカの真っ赤なiPhoneを使って、まだまだ人生楽しんで欲しいです。

 

▼父と母にはとても感謝しています▼

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

 

\ Twitterでこの記事を紹介する /

 

\ 応援をポチッとお願いします /

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし専業主婦へ
にほんブログ村

 

 

 

 

はてなPro→Bloggerへ移転してアドンセンス通過しました!!!

桜の花咲く新年度、みなさんいかがお過ごしですか?

このたび1年越しでチャレンジしてきたGoogleアドセンスに通過しました(やったー!)

このブログでも進捗とも愚痴つかないエントリーを書いてきましたが、やっとの合格です…

 

不合格メールが来るたび検索しまくった「こうして受かりましたエントリー」私も書いてみようと思います。

 

Bloggerに移転してGoogleAdsenseに通過しました!

 

 

\ アドンセンス通過したのはこちらのブログです /

 

通過時の状況 

 

合格時のデータ

 

ブログ運営期間:1年
月間PV:7000くらい 
記事数:9
平均文字数:3000文字/1記事 くらい
カテゴリー:2
広告の有無:1箇所のみ(楽天)
お問い合わせ:有
プライバシーポリシー:有
画像:多数あり
リンク:多数あり

 

申請回数は全部で10回。
いやー、よくも腐らず10回も頑張ったもんだ!!

 

私はアドセンスアカウント2つ登録しちゃってて、Aアカウントで2回、Bアカウントで8回目で通過となりました。

過去の申請はこちらのエントリーをご覧下さい。

 

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

アドセンス却下履歴一覧

 

ここで私の10回の却下理由を確認してみます。

◉アカウントA(2020.3.24開設)

*1回目  2020.3.24 価値の低い広告枠&コンテンツが存在しない
*2回目  2020.3.25 価値の低い広告枠&コンテンツが存在しない
ここでアカウントAをキャンセルし、閉鎖手続き

 

◉アカウントB(2020.3.31開設)

*3回目 2020.7.1 価値の低い広告枠&コンテンツが存在しない
*4回目 2020.7.3 価値の低い広告枠&コンテンツが存在しない
*5回目 2020.7.17 価値の低い広告枠&コンテンツが存在しない
*6回目 2020.7.22 サイトの停止または利用不可
ここではてなブログからbloggerへお引越し

 

7回目 2020.8.2 ポリシー違反&別のアカウントを持っていないこと
8回目 2020.8.7 ポリシー違反&別のアカウントを持っていないこと
9回目 2020.11.17 ポリシー違反&別のアカウントを持っていないこと
10回目 2021.3.31 おめでとう!!

 

はてな時代はそもそも審査されていない?

 これをみて推測したのは、たぶんはてなブログ時代はブログを見てもらえていなかったんじゃないか?ってこと。


はてな時代は「価値の低い広告枠」と「コンテンツが存在しない」という理由で却下されていました。
ですから記事の内容に気をつけたり、カテゴリーページに文章を入れて充実させてみたりしましたが、たぶんブログにアドセンスさんが辿り着けず、審査すらしてもらえていなかったのではないかと思います。


原因はサイトスピードのせいなのかなんなのかは、今となってはわからないけど…
そう考えた理由は、ブログサービスを乗り換えた途端に却下理由が変わったこと。

 

アカウントの重複なのか?

私はアドセンスアカウントを過去に作成し、閉鎖しています。
まだはてなブログを始めたばかりの頃。


お名前.comでは以前はネイキッドドメイン(wwwのないやつね)が取れなかったのですが、wwwがついているとアドセンスにブログを見つけてもらえない!という事態が発生していました。

 

結局転送プラスというサービスに加入するとwww有りからwwwなしへ転送してもらえて審査してもらえるということが分かったのですが…

こんなことを超初心者の私が理解するのはけっこう時間がかかり、おバカな私は、

「うん、きっとアカウントがハズレだったんだよ。作り直してみよう」

という今考えると背筋も凍るような行動に出ました。
これがあとあとの懸念に繋がるなんて考えもせず…

 

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

 

blogger時代の却下理由

bloggerに乗り換えた後の却下理由は、「ポリシー違反&別のアカウントを持っていないこと」。

 

ここで気になるのが、以前作って閉鎖してしまったアカウントAの存在。


アカウントの重複は泥沼にハマるとアドセンスの申請自体ができなくなると聞いたので、過去の自分を呪いつつ、秋口になりブログに傾ける情熱やパワーが落ちてきて、半年ほど放置。

 

▼秋と冬はとっても苦手で、冬眠状態になります▼ 

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

今回の申請時に考えていたこと

 

また体調も良くなってきた3月上旬。
今年のブログ計画を立てました。

 

第2期の目標は悲願の「アドセンス審査通過」!!
そのために、上記の却下理由を書き出し、アドセンスのヘルプを読みまくりました。

 

気になっていたのは

1)アドセンスアカウントは重複なのか?
2)何度も審査に出しているとペナルティがついて通過しにくくなるという話

 1)については、アドセンスのヘルプで色々なケースを読んだ結果、

「もしも重複ならば、重複しているので片方をキャンセルしてください」

という文言で却下の通知が来るそうなので、問題なしと判断。

もう一度アカウントAのアドセンスにアクセスしてみましたが、ちゃんと閉鎖されていることも確認しました。

 

2)については、該当してしまうかも…とは思いつつも、

・最後の申請から4ヶ月も空いている
・10回以上チャレンジして通過している人もいる

ので、このまま愛着のあるドメインで申請を続けることに。


もし今年も通過しないようならば、bloggerの無料ブログで、全然別のテイストのブログを立ち上げようと思っていました。

 

問題は更新頻度だった?

 そして最後に残った理由は却下通知のポリシー違反。
ものすごいざっくりしていますね(笑)

 

ポリシー違反で却下になる人はアカウントそのものに原因があるとか、対処法がなくて通過しにくいとかいろいろ言われていますが、私が思い当たる原因は「更新頻度」。

 

広告を載せるアドセンスさんの立場に立てば、安定的にこまめに運営してくれているブログに広告を出したいわけで、私のブログはそこが足りていなかったのかも。

 

2020年7月にはてなブログからbloggerにブログサービスを引越し、記事は数が少なかったのでひとつひとつコピペして引っ越しました。


そして体裁を整えブログをオープンし、アクセスが安定してきた頃に再審査に出しているのですが、ここで私の失敗がありました。

 

なんとブログの更新日を7記事すべて同じ日にしてしまったこと!
これじゃ「ブログ運営日数1日」と判断されてもおかしくありません。

 

今年3月にブログをリスタートし、いろいろ調べるうちに思い当たったこの理由。


対策としてはちょっと姑息ですが、記事の公開日を1ヶ月に1本になるように変更しました。
そして半月ほどで記事を5本書き溜め、3月後半は5日おきくらいに1本更新することに。


もちろん審査に出してからも翌日に1本更新しました。

 

3月31日、「天赦日+一粒万倍日」という2021年3本の指に入る吉日に審査に出し、翌日通過のメールをいただきました!!

 

その他の気をつけたこと

更新期間以外に今回気をつけたことをご紹介します。

 

忌み言葉の入った記事は下書きに

以前はカテゴリを「いえしごと」と「嫁業」にしていました。


「嫁業」カテゴリの記事はアクセスもあり、オリジナリティも出せていると考えていたのですが、その中にお葬式の話題が含まれていました。
「亡くなる」とか「葬儀」といった単語が含まれていたので、PVの稼ぎ頭をなくなく下書きに。

 

でも新たに公開した記事にはMYMLのど真ん中であろう「不妊治療」というワードが入っているので、これはあんまり関係ないかも??

 

ブログの記述を正しく直した

ブログを書くにはHTMLのお作法が色々ありますよね。
1年目の私はそれがよく分かってなかったんですね…

 

今年になって過去の記事をリライトしてびっくりしました。
体裁を整えるのはすべて<br>で改行されていて、おまけに文章は<p></p>でまったく囲まれていません!!

 

そこまで神経質になる必要もないとも聞きますが、でもアドセンスはロボットで審査をしているらしいし。
もしかするとPタグで囲んでいなかった部分は、審査ロボットが文章としてみなしていなかったのかも?という気はちょっとします。

 

気になる方はチェックしてみたほうがいいかも。

 

おわりに

いやいや、半年間の放置期間があったとしても、心のどこかで気になっていたアドセンス。
1年に及ぶ心のつかえがやっと取れました。


(が!しかし、今度は広告を設定しても今度は5時間ほど配信されてないんだけど、どうして?涙) ←翌日から配信されました!

 

 

アドセンス界の諸先輩方が口を揃えていうように、「どんなブログになら広告をだしたいか?」を考えるのは非常に大事だなと思います。

 

小手先のテクニックよりも、読者にいかに満足してもらって、レベルの高い記事をコンスタントに更新できるかというブログの王道をいく対策が、結局私には必要だったのだと思います。

 

でもそれだけだと苦しくなるのも事実。
常に「次の一手」を合わせて考えるのが、メンタルが闇堕ちしないコツかも。
(私の場合は、今のドメインを一度諦めて、無料のbloggerで再チャレンジすると決めていました)

 

こんなに超初心者な私だって通過できたんです!
きっとあなたも大丈夫。

心の底から応援しています!!

【本紹介】うつ病経験者が再発予防のために読むべき「自己啓発本」はこれだ!

こんにちは。休職を3回経験しているKIKO( @kikoslog)です。

 

うつ病は再発してしまうと、その後の再発率が上がり、慢性化する可能性があることがわかっています。

1回再発した人→2回目に再発する率は60%
2回再発した人→3回目に再発する率は70%
3回再発した人→4回目に再発する率は90%

参考:厚生労働省(コラム・活動事例・資料 編)

 

できればうつ病とのお付き合いは、1回で終わらせたいもの。
そこで今回は再発や再燃を防ぐために、自分で取り組める参考書をご紹介します!

ご自分のうつ病とうまく付き合っていくためのワークシートも付いていますので、読むだけでなく、ぜひご自分で手を動かしてみてください。

 

ちょっとボリュームのある本ですが、「うつヌケの卒業論文」を作るつもりで、少しずつ取り組んでみましょう!

 

先に本書の目次を確認したい方は
うつ病の再発・再燃を防ぐためのステップガイド 目次

 

【こんな人に読んでほしい】


 うつ状態から回復してきて、なにか行動してみたい気持ちになってきた
 うつ病の再発・再燃を防ぎたい
 自己啓発本を読むと、なぜか数日後に体調を崩す

f:id:kikoslog:20200515153951j:plain

 

 

これを書いている人

✳︎24歳 うつ病と診断
✳︎26歳 反復性うつ病と診断名変更
✳︎37歳 光トポグラフィー検査を受け、双極性障害へと診断名変更

 

休職したり退職したり、離婚したり、生きることに絶望したり…
しかし今では回復(寛解)し、服薬も3年以上していません。

いまだに病にとらわれる事もときどきありますが、それなりに楽しく暮らしています。

 

「うつ病が治る」ってどんな状態なのか? 

 

 今日ご紹介する本は「うつ病の再発・再燃を防ぐ」ための本です。
ところで、うつ病が治るっていったいどんな状態なのでしょうか?

 

本書ではうつの状態をあらわす定義が、4種類示されています。
 

整理【うつの状態を表す用語の定義】

寛解:うつ病が改善し、無症状のまま一定の期間(14日)を経過した場合。かなり良くなったと感じるものの、完全にもとの元気な状態に戻っていないと感じる。

 

回復:寛解の期間が長く持続する状態。この本の筆者は6カ月の経過を回復の定義と推奨。寛解が最低6カ月継続する場合、うつ病から回復したものとみなされる。

 

再燃:うつ病から寛解した人に、すべての抑うつ状態が戻ってきた場合。基本的にもともとのうつ病が再び現れるものと考えらる。

 

再発:以前のうつ病では症状が完全に消退して5~6年たったような人が、再び抑うつ気分を感じるような場合。

 

再発と再燃の違いは、うつ病とうつ病の間の間隔の長さです。

(参考:うつ病の再発・再燃を防ぐためのステップガイド P30)

 

「うつ病が治る」ということは本書では定義されていませんが、少なくとも

回復=寛解状態で6ヶ月過ごすことができる

と考えて良いかと思います。

 

仕事を休職しているような場合、完全にスイッチをオフした状態から、社会復帰に向けて行動していくのはなかなか難しいものがあります。
実は私も失敗しています…(汗)

 

今考えれば、復職したタイミングでは「回復」したわけではなく「寛解」しただけだったのではないかと思います。

 

 仕事を複数回休職しているような場合、職場復帰への焦りもありますよね。
そうなると寛解の期間を十分にとって、回復状態になってから復職するという事は、現実問題として難しそうです。
寛解状態で復職して、そして再燃してしまうという事例が多いのではないでしょうか?

 

そこで療養が進み職場復帰が見えてきた頃、ぜひチャレンジして欲しいのが、こちらの本のワークシートです。

ちょっと分厚くて、文字もぎっしり詰まっている本なので、読むのが大変かもしれません。


でもきっとあなたを助けてくれる本だと思いますので、休職中の時間のある間に、少しずつでもワークシートに取り組みながら、読んでみてください。

 

「うつ病の再発・再燃を防ぐためのステップガイド」の概要

 

 

この本は「うつ病の再発・再燃の防止」を目的に、効果の実証されている工夫を幅広く紹介しています。


第1章では、うつ病の種類や特徴、原因、治療法など基本的な情報が示されています。

 

第2章と第3章では「うつ病の再燃とはどういう事か」を説明して、「再燃を防ぐために工夫できる事の計画づくり(包括的ウェルネス・プランの作成)」の手順と書き込めるワークシートがついています。

 

第4章からは、うつ病とうまく付き合うための個別の方法を、11章に分けて紹介しています。

 

・薬物療法(第4章 健康でいられるための治療薬) 

 

・維持精神療法(第5章 気分良く過ごすための精神療法)

 

・認知療法(第6章 毎日の現実的思考)

 

・行動の活性化(第7章 楽しく健康的に暮らす)

 

・マインドフルネス瞑想法(第8章 再燃を防ぐためのマインドフルネス瞑想法)

 

・コーピング(第9章 ストレスへの効果的な対処法)

 

・うつ病と関連する健康問題(第10章 不安障害、アルコール乱用、慢性疼痛、その他の内科的疾患)

 

・完璧主義について(第11章 完璧である必要はありません:完全主義と自己批判を変えましょう)

 

・依存(第12章 依存に対処する)

 

・対人関係(第13章 健全で親密な対人関係を育てる)

 

・自己実現(第14章 人生への積極的な関与)

 

各章の流れは、

1)その工夫は、どのようなものか
2)うつ病の再燃と再発の防止に、どう関わっているのか
3)どの程度、効果のあるものなのか
4)具体的方法の紹介
5)取り組みやすい、具体例のついたワークシート

の順で示されます。

 

最後にその章のまとめが簡潔に書かれます。
そこには「練習」というタイトルで、自分なりのその章のポイントと、今後取り入れたい具体的行動を書き込めるようになっています。

 

読むだけではなく、実際に手を動かして考えることができます。
うつ状態の時は、頭で考えるよりも実際動いてみることが大切だと思います。

 

▼双極性障害の方にはコチラの記事がオススメです▼ 

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

うつ病患者が陥りやすい自己啓発書の罠

 

f:id:kikoslog:20200324113217j:plain


 うつ病と診断され、「自分はダメな人間だ」「自分は何もできない」と絶望的な気持ちになった事は、この病に関わる人はみんな経験する事でしょう。
(でもうつ病は「脳内の病気」なので、あなた自身が「ダメな人間」になってしまった訳ではありません。)

 

そんな時、書店に行って「できる人になる○○の方法」とか「人生を変えるためにやるべき10の行動」のような自己啓発書を、ついつい手に取ってしまう事、ありますよね?

 

ええ、私もたくさん読みました。
名著と言われるものから、苦し紛れに手にとったものまで。
もちろん、それらの本には有益な事が書いてあり、読んだ直後は「よし、この本の通りにすれば、元の自分に戻れる」と思い、行動を起こします。

 

自己啓発書に良くある手法としては、自分の過去を振り返り「目標」を決め、その目標を分解してマイルストーンとし、一つ一つクリアしていくと「理想の自分」に到達できるというもの。

 

でも、ちょっと待ってください。
うつ状態で、ほとんどすべての事に対して、否定的にしか物事を見られない人が、「現実的な目標」を立てることができるでしょうか?

 

私にはできませんでした。
描いた目標は「(到達不可能な)絵に描いた餅」でしかありませんでした。
なにもできなくなってしまった自分が、情けなくて悔しくて悲しくて、だからこそ「高い目標」を掲げ、それに向けて「頑張っていた」のです。

 

頭も働かず、気力もなく、体力も衰えているのに「効率化のためのタイムマネジメント」を行い、「朝活」をするべく早起きしようと頑張ってみたり。


当然、予定どおりにこなせるわけはなく、「やっぱり私の努力が足りないのだ」と自分を責め、落ち込む毎日…

 

書店に並んでいる自己啓発書は体力もあり、健康で、その上で「頑張れる人」ならばこそ、効果があるのではないでしょうか?

 

 頑張る方向はこの本が教えてくれる

 

本書では、うつ病と上手に付き合う方法をたくさん教えてくれます。
いくつか紹介してみましょう。

 

第6章 認知療法

自分の考え方の癖(否定的思考)に気付き、客観的に観察するためのトレーニング。
思考の歪みをチェックして、事実に近い客観的な視点を得ます。
ひとつのことにクヨクヨと囚われてる時にオススメです。

 

第7章 行動の活性化

ワークシートの「週間活動表」をもとに、達成感と人生の楽しみに繋がる活動を増やすトレーニング。
睡眠や運動についての解説もあるので、一生物の「健康」を手に入れるきっかけになるかもしれません。

 

第14章 自己実現

いったん「うつ病の再燃・再発」という話題から逸れ、ポジティブ心理学を基にした「どうしたら幸せになれるか、人生に満足できるか」を考えるワーク。
自己啓発本にありがちな「人生における9本の柱」の価値観を定義しますが、この定義は自分の努力の方向性を見失わないようにするためのものです。

 

内容の充実した本書ですが、1章ずつのボリュームはそれほどでもないと思います。
時間をかけて取り組めば「ウツ抜けの卒業論文」が完成しますよ!

 

うつ病経験者には自己啓発書は劇薬すぎる?!

 

書店に並んでいるいわゆる「自己啓発書」は、残念ながらうつ病を患ってしまった人が、完治しないままに読むには「劇薬」すぎると思います。
何十万円分もそういった本に手を出してきた私には、そう思えてなりません。

 

今回紹介したこちらの本は、うつ病の再燃・再発を防ぐための、いろいろな工夫や努力の方法が紹介されています。
いきなり、一般的な自己啓発書にすがるよりは、こちらの本を手に取ってみませんか?


そしてまずは本書のワークシートを通して「健康になる」という、大切で大きな、そして一生ものの「目標」を目指してみてはいかがでしょうか?

 

「読むだけでは意味がない、実行しはじめて効果がでる」というのは、この本も自己啓発書も同じです。
私もたびたび読み返して、できる所から工夫を取り入れていこうと思います。

 

▼こちらの記事もよく読まれています

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

書籍データ


【書籍名】うつ病の再発・再燃を防ぐためのステップガイド
【著者名】Peter J. Bieling・ Martin M. Antony著、野村総一郎 監訳、林建郎 訳
【出版社】星和書店
【出版日】2009/2/1
【頁 数】371ページ
【目 次】
第1章 うつ病の正体とその克服方法
第2章 うつ病の再燃とは?
第3章 過去に学び、未来の選択肢を考える
第4章 健康でいられるための治療薬
第5章 気分よく過ごすための精神療法
第6章 毎日の現実的思考
第7章 楽しく健康的に暮らす
第8章 再燃を防ぐためのマインドフルネス瞑想法
第9章 ストレスへの効果的な対処法
第10章 うつ病と関連する健康問題(不安障害、アルコール乱用、慢性疼痛、その他の内科的疾患)
第11章 完璧である必要はありません:完全主義と自己批判を変えましょう
第12章 依存に対処する
第13章 健全で親密な対人関係を育てる
第14章 人生への積極的な関与

 

www.seiwa-pb.co.jp

 

 

\ Twitterでこの記事を紹介する /

 

\ 応援をポチッとお願いします /

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病 寛解期へ
にほんブログ村

 

 

不妊治療を終わらせた理由と妊活戦士へのメッセージ

こんにちは、KIKO( @kikoslog) です。

突然ですが、この度不妊治療を卒業することにしました。

 

不妊治療界隈で「卒業」というと、「妊娠して産科へ移ること」をさすので紛らわしいのですが…
私の場合は中途退学というか、まあ授からずに諦める形になりました。

 

9月頃からなんとなくもう無理かなあという気持ちはあったのです。
そして10月に誕生日を迎えた夫と話し合い、終了という方向にはなりましたが、その後何度か「ここで止めて良いのか?」という揺らぎがあり、やっと気持ちの整理がついたのが11月。

気持ちの整理がついたとはいえ、まだメソメソする日はありますし、不妊治療関連のニュースや話題に触れると、心の奥がギュッと痛みます。

 

45歳で貯卵を7つも残しての卒業。
思うところをツラツラと書いてみます。

f:id:kikoslog:20201207132049p:plain

 

 

不妊治療をやめた理由

 

これはもう、ずばり「育てる自信がないから」です。
今回の決断は、私よりもむしろ夫の方が強い思いを持っていたように思います。


不妊治療どっぷりの生活だと、「まだまだイケる」と思いがちですが、出産するときにはほぼ46歳と54歳の夫婦で第一子というのは、やっぱりちょっと難しいかな…と。

 

子どもが成人する頃には、私たちは66歳と74歳。
2020年の平均寿命は

女性87.45歳、男性81.41歳

ですが、健康に自立して暮らせる健康寿命は

女性74.79歳  男性72.14歳

夫は、子どもが成人する年には健康寿命を超えてしまっています。

 

参照→平均寿命更新、女性87.45歳 男性81.41歳: 日本経済新聞

 

「そんなことは治療を始める前にわかっていたことでしょ?」
と思われる方もいるかもしれません。
このコロナ禍を経て私の考えも変化してきました。

 

社会や経済が停止して、不況貧困に直面する人も多かったと思います。
その中でやっぱり「親を頼る」「実家に帰る」という選択肢が取れるか取れないかは、かなりの差があると感じました。

 

45歳過ぎた私でさえ、まだまだ実家の父母には助けてもらっていますし、学ぶことも多いです。

 

子どもの人生は子どものものですが、親として必要な助け船を出せないことは、自分が死ぬときにとても後悔しそうだなと思いました。

 

 

▼治療の記録は1冊の手帳にまとめていました。
この3冊の手帳は私の頑張った証です。しばらくは捨てられないなぁ。

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

 

 

あとこれはうまく言葉にできないのですが、「自分の中に吹く風の向きが変わった」とも思います。

 

若い頃から出産や育児に全く興味がなかった私。
でも38歳くらいから急に子どもを産んでみたくなったのです。


そして「共に子育てをする」というビジョンの見えなかった前夫と離婚。
(離婚の理由はこれだけではありませんが…。むしろ別の理由の方が大きいのですが…)

 その後婚活をし、挙児希望だった夫と再婚。婚姻届と同時に治療をスタート。
そこから3年とちょっとの間、不妊治療を続けてきました

 

しかし今年の夏くらいから「治療がつらい」とか「授からないから諦める」というよりも、もっと漠然とした「通過した感」があったんです。

もともと治療を始めた時から「45歳でやめる」と決めていたのもあったのですが、その決意よりももっと感覚的な「心の風向き」が変化したなと感じました。

 

妊娠できる限界の年齢に達する前に、私の中の女性ホルモンが、最後の悪あがきをしたのかな?とも思ったり…(笑)

 

不妊治療から学んだ事

 

これはまず、子育て世帯への理解が進んだことが挙げられます。

 

妊娠出産にまったく興味がなかった私なので、不妊治療を始める前は当然「無事生まれてくる奇跡(そこに至るまでの不安)」とか「子育て世帯の苦労」とか想像もつきませんでした。

 

自分は子育てできなかったけど、でも「もし自分が産んだらどうなるのか」という視点を持てたことは、世の中に少しだけ優しい気持ちを持てるようになったかなと思います。

 


あとは、一生使えるであろう栄養や健康に対する知識と実行力が得られたかなと思います。

 

「人間の身体は食べたものでできている」


なんか分かったような気でいましたが、実際に栄養検査を受けたりして、このことを実感できたのは大きな収穫でした。

 

不妊治療中は不妊治療をターゲットにした食生活があるし、卒業した今は夫の脂質異常症と痛風をターゲットにした食生活を勉強中です。

 

「食べたものが吸収されて身体をめぐる」


これは変わらないわけなので、これからもその時の生活に合わせて、料理することを楽しめたらいいなと思っています。

 

子なし夫婦としてやること、やりたいこと

 

晴れて「子なし夫婦」が確定したわけですが、夫婦ふたりで幸せに人生を全うするためには、いろいろと準備が必要だなと感じています。

 

私は「人はひとりでは死ねない」と思っていて、誰かが死亡の手続きをしたり遺品を整理したりしなくてはなりませんよね。

そこに至るまでの老後資金とかも必要だし、まずは保険の見直しからかなぁ。

子なし夫婦は相続で揉めやすいという話もよく聞くので、遺言を用意することにも興味があります。

 

あとはなるべく健康寿命を長くと思っているので、健康にも気をつけて…。

 

なんだか老い先短い人の書く文章みたいですが、
「うまく死ぬことは、うまく生きること」
だとも思っているので、人生に後悔なく満足して寿命を全うしたいものだと思います。

 


そして、「子どもを世の中に送り出す」という役割を果たせなかったものとして、なにか世のためになることをしたいという気持ちもあります。


具体的にはボランティア活動ということになると思うのですが。

我が家には子ども同然に可愛がっている猫が2匹いるのですが、保護猫のボランティアもやってみたいと思っています。

 

体外受精を頑張っている人へメッセージ

 

41歳9ヶ月で始めた不妊治療。治療は45歳0ヶ月で辞めたので治療期間は3年と4ヶ月。

採卵は 23回。
採れた卵は 63個。
受精した卵は 35個。
凍結できた卵は 11個。
移植できた卵は 6個。
移植できなかった卵 7個。
かかった費用 プライスレス ←怖くて総額がいまだに出せませんw

 

 

いまの不妊治療クリニックのセオリーで行くと
「卵(卵巣)は取れなくなる時が来るけど、産む(子宮)のは何歳でもOK。だから取れるうちに貯卵して!」というのが大道な気がします。

 

しかし、私のようにセオリー通りに治療を続けたら、移植に入る前に産む自信がなくなっちゃう場合もあったりします。
あんまりこのタイプの話は聞いたことがないのですが、他にもいらっしゃるのではないかしら?
他にも親の介護や自分たちの病気など、治療を続けられることは自分も周りも健康で平和じゃないとできないことですよね。

 

せっかく貯めた卵を移植する直前で治療をやめるなんて、2年前の私だったら絶対に考えられないし、そんな人をTwitterとかで見かけたら「信じられない!」って思ったはず…。


医学的には「採れるときに卵を採る」というのはたぶん正しい。
でもひとの気持ちはそんなにキッカリできてないから…

いくらお金をかけて卵を貯めても、やっぱり育てていく自信がなかったら、そこに移植をする意味を見いだせないワケなんです。 

 

だから…


ときどき立ち止まって。

目先のホルモン値とか卵胞数だけじゃなくて

妊娠出産して我が子が大きくなるまでの道筋も想像してみて欲しいなと思います。

 

 

 ▼諦めるタイミングを考えているときに、治療履歴をまとめたことで、視野がひらけたように思います。

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

 

おわりに

 

不妊治療でお世話になった方々、Twitterで仲良くしてくださった皆さん、このブログを通りすがりに読んでくださっている方。
やっと報告できて、ちょっと心がホッとしております。

 

今後は実家の果樹園の手伝いをしつつ、年内はのんびりと過ごすつもりです。

 

今日読んだ「しいたけ占い」によると、私の2021年は「リーダーシップを発揮して、光り輝く攻めの姿勢」とのことなので、新しい世界が開けることを期待して…

voguegirl.jp

 
ここまでのお付き合い、ありがとうございました!

 

\ 応援をポチッとお願いします /

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし専業主婦へ
にほんブログ村

 

 

\ Twitterでこの記事を紹介する /

【双極性障害】Bipolarな私の「この夏の収穫はなに?」

こんにちは、KIKOです。


夏の終わり、まるで夏休みの宿題を月末にまとめてやっつける小学生のように、久々にブログを書いています(笑)
今年の春夏は私にとってはとても忙しく、充実した季節でした。
しかし、そろそろペースダウンしてソフトランディングする季節がやってきたようです。

 

f:id:kikoslog:20200830172220p:plain

 

 

Bipolarな私の1年

 

「Bipolar」は訳すと「正反対の」という意味がありますが、「Bipolar Disorder」だと「双極性障害」を表す単語になります。

 

「双極性障害患者」と自分で表記するのは、字面が圧迫感あるし、私は双極性障害を障害とも病気とも思っていない(私のリズムとか特徴だと認識している)ので、ときどき自分のことを「Bipolar」と表記しています。

 

私の1年は「夏は元気、冬は冬眠」というサイクルで過ごすことが多いです。


春の桜の咲く頃から心も身体も冬眠から目覚めてきて、夏は元気に過ごして、秋から冬は力を貯めながらじっと過ごす…。
これが私の躁と鬱の波の乗りこなし方のコツなんです。

 

なので8月末だと、そろそろカラータイマーが点滅し始める頃。
ここからは無理せずソフトランディングを目指します。
そこで、今年の春夏で私が収穫したものを振り返ってみます。


タイトルの「この夏の収穫はなに?」は、国立精神神経医療研究センターに研究検査に通っている頃に、医師から訊かれた質問です。

 

その頃の私は、まだ夏の躁転を抑えるのに必死で、全然生活を楽しめていなかったのですが、こう質問されてふと気がつきました。

 

冬は冬眠しちゃうんだから、夏になにか収穫できるような活動をしよう!

 

それ以来、桜の咲く頃から「今年のテーマ」を決めて、秋口まで取り組むという生活をしています。

 

ちなみに国立精神神経医療研究センターでは研究検査に参加する方を募集しています。
健康な方でも参加できるものがあります。


治験とは違うのですが、知能テストのようなものに答えたり、血液検査やMRI検査を受けたりします。
ちなみに検査ごとに数千円のクオカードが貰えちゃいます。

 

将来の精神疾患の治療法確立や原因究明のために、参加してみませんか?
検査によっては検査結果(血液検査など)の結果を受け取れるものもあります。

www.ncnp.go.jp

 

この夏の収穫その1:ブログを前進できた

 

数年前から何度も手を出しては挫折してきたブログ。
今年はなんと、
開設→ドメイン取得→初収益→アドセンス申請
まで進めることができました!!

 

\ ライフスタイルブログ運営中 /

 

飽きっぽく、1つのことに興味を持ちつづけることが難しい私が、半年でここまで進めることができたのは、自分でも驚きです。


挫折するたびに「なんで自分はできないんだろう」と落ち込んでいましたが、それでも知識や経験は積み上がっていて、弱小ながらも「強くてニューゲーム」状態になっていたようです。


アドセンス審査はまだ承認されていませんが、【諦めないこと】を目標に、気長にチャレンジしようと思っています。
できれば冬の冬眠までに合格できると良いんだけどなぁ…

 

ganbara-nai.hatenablog.jp

  

この夏の収穫その2:短期のアルバイトをした

 

私の実家は小さいながらも商売をしています。
普段は父と母で作業をし、人手が必要な時は私や親戚が手伝っています。

 

夏は繁忙期のため、またこの夏から伝票を電子化したため、PCが(父母よりは)使える私が短期でアルバイトをすることになりました。

 

前職をうつ病(当時の診断名)で退職して9年。
それ以来専業主婦として暮らしてきました。


体調が安定しないので、決まった予定を入れることができず、ピンポイントでアンケート調査の座談会などには出席していましたが、毎日朝から働くのは(実家とはいえ)久しぶり。

 

朝が苦手な私ですが、なんとか半月間働くことができました!!
お給料は「家族価格」なのでほとんど期待できませんが、取引先や古くからのお客さんと話をするのは楽しかったです。

 

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

秋と冬の過ごし方

 

私にとって秋は「生活を整える」季節です。
春夏の間は活動的に過ごしたため、どうしても家の中が荒れ放題。
また苦手な冬にやってくる確定申告に向け、今ある書類を整えておかないとまずいことになります。

 

冬は「生きてるだけでOK」な季節。
特に1月2月は冬眠状態(どちらかというと鬱寄り)なのに、スパイクのように現れるやる気に振り回され、イライラすることも。


これがマイナス方向に影響すると、鬱と躁が混じって出現する混合状態となり、非常に辛くなります。
とにかく自分をなだめすかしながら、春を待ちます。

 

おわりに

 

「夏は元気、冬は冬眠」な私の過ごし方をご紹介してみました。


双極性障害の波に飲み込まれると、なかなかコントロールが効かず、自分も周りも辛い思いをします。
でも自分の波の特徴を掴んでうまく乗りこなせば、なにかしらの成果を受け取れる年もあります。

 

波の特徴を掴むのはなかなか難しいものがありますが、私はこの書籍がとても参考になりました。
また24時間書き込める手帳に、自分の生活を書き込むのもおすすめです。

 

 

\ Twitterでこの記事を紹介する /

 

 

\ 応援をポチッとお願いします /

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病 寛解期へ
にほんブログ村

 

 

【2020年7月】お名前.comの転送PlusとDNS追加オプションを解約する方法

こんにちは、KIKO( @kikoslog)です。

 

7月に入ってからグーグルアドセンスにチャレンジしています。
しかし4度目の不承認のメール受け取り、ブログサービスを変えることを決意しました。

 

2021.4.1追記

無事通過しました!

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

はてなブログは初心者の私にも表現のしやすい、使いやすいブログサービスだと思います。
ですが、私のアドセンス不承認の理由を考えると、Googleが運営するブログサービス「Blogger」の方が良いのではないかという結論に達しました。

 

▼詳細はこちら。Bloggerの開設方法やテーマ設定なども紹介しています▼

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

私は独自ドメインはお名前.comを利用しています。
ブログサービスを乗り換えるということは、いままでグーグルアドセンス申請のために契約していた、お名前.comの「転送プラス」サービスも不要になるということ。

ブログの引越しにともなって、先日解約の手続きをしました。

 

解約の操作はちょっとわかりにくいところもありました(汗)
私と同じような初心者の方にもわかりやすいように、画像たっぷりでひとつひとつ解説しています。

 

なお「転送プラス」サービスに関してはその場で解約ができますが、「DNS追加オプション」の方は即日解約ができません。
気になる方は、事前の解約手続きをお勧めします。

 

f:id:kikoslog:20200802172039p:plain

 

 

転送プラス解約の方法

 

お名前.comの「転送プラス」サービスの解約方法をご紹介します。

解約手続きは大きく分けて2種類あります。

✳︎転送Plusの解約
✳︎DNS追加オプションの解約

ブログ超初心者の私でもできたので大丈夫!
1つ1つ画像をよくみながら、操作を続けてください。

 

 1)お名前.comにログインする

 

ログインに必要なのは

✳︎お名前ID(会員ID)=メールアドレスなどではなく数字のみです
✳︎パスワード

お名前IDは契約時のメールに載っていると思います。

 

ログイン後のメニューページで「ドメイン」のタブをクリック。

 

f:id:kikoslog:20200725172628p:plain

 

 

2)ドメイン機能一覧をクリック

 

自分のドメインが表示されているのを確認したら、右上の「ドメイン機能一覧」をクリック。

f:id:kikoslog:20200725172639p:plain

 

 

3)転送Plus(URL転送)をクリック

 

ドメイン機能一覧ページの下から2つ目の項目「その他」のなかの「転送Plus(URL転送)」をクリックします。

f:id:kikoslog:20200725172645p:plain

 

4)設定する をクリック

 

オプション設定ーURL転送設定のページに移動するので、「設定する」をクリック。

f:id:kikoslog:20200725173914p:plain

 

 

5)削除 をクリック

 

今まで転送を設定していた情報を確認して(この場合はwwwなしからwwwありへ転送)「削除」をクリック。

f:id:kikoslog:20200725172650p:plain

 

削除後は「転送設定はありません」と出ます。

f:id:kikoslog:20200725172656p:plain

 

DNS追加オプションの解約も忘れずに

 

お名前.comでは「転送Plus」の申し込みをすると、自動的に「DNS追加オプション」というサービスの中にも加入することになるようです。

両方解約手続きをしないと引き続き月額料金がかかってしまうし、ちょっとわかりにくいのですよね…(汗)

 

ここからはDNS追加オプションの解約方法をご紹介していきます。

 

  

6)DNS追加オプションの解約へ進む

 

5)の削除後のページからブラウザの「戻る」で1つ戻って、こちらの画面を表示します。
「DNS追加オプションのご解約手続きはこちら」をクリック。

f:id:kikoslog:20200725172703p:plain

 

※もしうっかり別のページに移動してしまっていたら、慌てずTOPページに戻りましょう。

TOPページから移動するならば、下記の通りに進みます。

 

手順3)のドメイン機能一覧ページで「ネームサーバー設定」-「DNS関連機能の設定」をクリック。

f:id:kikoslog:20200802104948p:plain

 

一番下の青文字「DNS追加オプションの解約、DNSレコード設定削除のお手続きはこちら」をクリックします。

f:id:kikoslog:20200802105045p:plain

 

すると次の画面になります。
「DNS追加オプションの解約」にチェックを入れ、「次へ進む」をクリックします。

f:id:kikoslog:20200802105426p:plain

 

これで下記の7)解約の画面に進みます。

 

 

7)DNS追加オプションの解約

 

希望する解約日をカレンダー上から選択します。
当日解約はできず、翌日以降の日付がクリックできると思います。

 

また月の末日を指定してしまうと、翌月分も料金が発生してしまうため、今月で解約を希望する場合は末日の1日前(29日か30日)を指定しましょう。

 

f:id:kikoslog:20200725172709p:plain

 

8)申し込みをする

 

解約日を確認し、「規約に同意し、上記内容を申し込む」をクリックします。

f:id:kikoslog:20200725172716p:plain

 

これでで「転送Plus」と「DNS追加オプション」の解約は終了です。
お疲れ様でした!!


しばらく経つと、以下のタイトルで確認メールが2通届きますのでご確認ください。

 

「URL転送 設定削除 管理用通知」
「DNS追加オプション解約 受付通知」

 

また、DNS追加オプションの解約日には

「DNS追加オプション解約完了通知」

というメールが届きました。 

 

おわりに

 お名前.comユーザーの方に向けて、「転送Plus」と「DNS追加オプション」の解約手順をご紹介しました。

 

私の場合はブログサービス乗り換えをきっかけに解約をしましたが、すでにグーグルアドセンスが承認されていて、転送Plusを解約したいと考える方にも参考にしていただける内容かと思います。

(アドセンス合格後に転送Plusを解約するかどうかは、賛否両論あるみたいですが…)

 

私のブログ運営、なかなか迷走を続けておりますが、どなたかの役に立つために今後もやったことをシェアしていきたいと思います。 

 

※なお、こちらのブログでは2020年7月末に解約手続きを行った際のスクリーンショット を元に解説をしています。
お名前.comの方で仕様が変更になった場合、上記のように画面が推移しない可能性もあります。
あらかじめご了承ください。

 

\ Twitterでこの記事を紹介する /

 

\ 応援をポチッとお願いします /

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし専業主婦へ
にほんブログ村

 

 

 

 

【はてなブログから】ブログサービスを乗り換えてみた【Bloggerへ】

こんにちは。KIKO( @kikoslog) です。

 

私は2つのブログを運営しています。

KIKOの頑張らない毎日←このブログ

KIKO’S LOG←もう一つのライフスタイルブログ

 

独自ドメインを取得している「KIKO'S LOG」で、グーグルアドセンスの審査にチャレンジしていますが、いまのところ不承認のメールが4回届いています。


▼審査時の状態など、詳細はこちらのブログに書きました▼

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

4回とも不承認の理由は「コンテンツが存在しない」もしくは「サイトの停止または利用不可」。
要するにGoogleさんが、私のブログをちゃんと読めていないということ。


これはブログの中身(文章やテーマ選び)が原因というよりは、ブログの外側の問題ではないかと考え、今回ブログサービスを乗り換える決断をしました。

 

もしかしたらアドセンスに受からないのは、私のテーマ選定がダメなのかもしれないし、文章がダメダメなのかもしれない。

しかし原因の1つを潰すつもりでの引越しです。

 

同じようなことを検討されている方もいるだろうと思うので、私がやったことをまとめておきます。
(ただし、超ブログ初心者のため、この方法が正しいのかも判断がつきかねます。あくまで自己責任でお願いします)

 

2021.4.1追記

無事通過しました!

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

 

f:id:kikoslog:20200727155744p:plain

 

 

乗り換えの経緯とBloggerを選んだ理由

Date

✳︎引越し前:はてなPro+お名前.com

✳︎引越し後:Blogger+お名前.com

✳︎アドセンスは独自ドメインで申請予定(アカウントは変わらず)

 

▼Bloggerへ引越した私のブログはこちら▼

www.kikoslog.com

 

【sponsor】
▼ブログ超初心者の私でも使えちゃうドメインサービスです▼

 

乗り換えの経緯

はてなブログは初心者の私にはとても使いやすく、気に入っているブログサービスです。
しかしアドセンスに関しては「相性が悪い」という評判もよく聞きます。

 

私の不承認理由は、1回目から3回目が「価値の低い広告枠ーコンテンツが存在しない」、4回目が「サイトの停止または利用不可」でした。
これはどちらも、はてなブログを利用している方に多い不承認理由だそうです。

 

 個人的に気になっているのは、サイトの読み込み時間がかなりかかっていることと、サーチコンソールとの連携が正しい数値にならないことです。

 

PageSpeed Insightsの数値が悪い

developers.google.com

 Webページの読み込み速度を測ってくれるこちらのサイト。

 

はてなブログ時代は

✳︎PC=80

✳︎スマホ=34

f:id:kikoslog:20200725160645p:plain

 

Bloggerへ引っ越して、記事を移動したあとは

✳︎PC=100

✳︎スマホ=94

f:id:kikoslog:20200727144305p:plain

(写真が原因でサイトスピードが遅くなるといけないので、記事中の画像ははてなフォトライフを継続して使用する予定です。)

 

まだBloggerの方のサイトは完成したわけではないので、この辺りの数値が最大値かと思いますが、たぶん速度はアップしてくれたと思います。 

 

サイトマップの謎の中身

f:id:kikoslog:20200727152425p:plain

 

 はてなブログではサイトマップは6種類送信して、ステータスが「成功しました」になったのが4つ。

 

成功している「/sitemap.xml」の中身をチェックしてみると「/sitemap_periodical.xml?year=2020&month=4」だけが10記事あることになっています。

 

これって4月に更新した記事数とぴったり合致するのですが、すでに下書きに戻した記事や使わなくなったカテゴリーが大半…

 「コロナがおさまるまでアドセンスの申請はしないから、好きなようにブログを書いてみよう!」
と思っていた過去の私を殴りたい(笑)

 

カバレッジも固定ページ4、カテゴリー2、記事数8で申請したいのに、なぜか43もあります。
それも削除ツールで削除済みのものも多数(泣)

 

引越しが終わり、サーチコンソールをチェックしてみると、「sitemap.xml」と「/sitemap.xml?page=1」が成功しましたの表記。
どちらもの中身は、アドセンス申請に必要なブログ記事のみになっていましたので、ひと安心…

 

Bloggerをえらんだ理由 

アドセンス合格を目指してはてなProから乗り換える方は、ワードプレスへ移行する方が多いようです。
しかし私はそこまでの自信もなく、新しくかけられる費用もなかったため、無料で利用できて独自ドメインを使えるサービスを条件に考えてみました。

 

Bloggerは海外の利用者が多いマニアックなイメージでしたが、Googleが運営しているところが魅力的!

テーマも気に入りそうなものが見つかったので、とりあえずアカウントを取得していじってみることに。

 

なんとか基本的な使い方を把握して、これなら自分のブログとして愛着も持てそう!と思ったため、この度引越しを決行しました!
(大袈裟な表現ですが、超初心者にとっては、大大冒険なんです!まさに決死の覚悟で決行です 笑)

 

ドメイン移動までにやったこと

 

ドメインの引越しは別記事にまとめますので、それまでにやったことをまとめておきます。

 

▼まずはお名前.comの「転送Plus」の解約をしました▼

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

 

Bloggerアカウント取得

www.blogger.com

 

Gmailのアカウントがあれば開設までは、簡単でした。 

 

ブログの開設 

ブログのタイトルとアドレスを入力します。
アドレスはあとから独自ドメインに変更するのですが、ここで一度仮のアドレスを決めておかなくてはなりません。

「GoogleDomains(Googleさんがドメインの斡旋をしてくれるサイト)のドメインを利用しませんか?」と表示が出る場合がありますが、すでにお名前.comで取得しているので、こちらは「使用しない」を選択。

 

 テーマの設定

 Bloggerにも、はてなブログと同じようにテーマがあります。
私が選んだテーマは「QooQ」。
日本語のテンプレートでなかなか使いやすいテーマです。

 

シンプルなのに、可愛くもクールにも変えられるテンプレートで、これがあったからBloggerに乗り換えたといっても過言ではありません。

blog.dododori.com

 

初期設定はテンプレートの作者さんがブログにまとめてくださっていますし、「QooQ カスタマイズ」でググると、わりとヒットしますよ。

blog.dododori.com

 

私がとっても参考にさせてもらったサイトはこちら。

www.moca-memo.com

 

記事の引越し

 記事の引越しは、記事数が少なかったので、1つ1つコピペで移動しました。

はてなブログの記事編集ページ「HTML編集」を全選択

Blogger投稿画面のHTMLビューにペースト

 

はてなブログのHTML編集は、なぜかカーソルが思うようなところに行かなかったり、謎のズレがありましたが、 BloggerのHTMLビューはとても見やすく使いやすいです。

 

固定ページの引越し 

はてなProにすると使える「固定ページ」。
Bloggerでは「ページ」と言います。
機能はほぼ同じです。

 

こちらも記事をコピペで移動しました。

 

Bloggerの「ページ」はレイアウト設定から、サイドバーとかフッターに設定できます。
ちなみにQooQでは、フッターエリアの左側/中央/右側のことを、それぞれフッター1/フッター2/フッター3と呼んでいるようです。
はじめは意味が分からなくて、ちょっと戸惑いました。

 

デザイン変更で参考にしたサイト

 

はてなブログほど解説されているブログも多くないので、難しい部分もありましたが、試行錯誤でなんとか愛着を持てるデザインにすることができました。

ここからは参考にさせていただいたBloggerの先輩方のブログを紹介します!

 

プロフィールの表示

 

Bloggerのガジェットの中にあるプロフィールは、アイコンと自己紹介ページへのリンクだけしか表示されずイマイチ…

こちらのブログを参考にさせていただきました。
なかなかうまく行かずウンウン唸りながら苦労して作ったので、いまではめっちゃお気に入りです!

 

76log.blogspot.com

 

ブログカードははてなサービスを利用

 Bloggerでは記事編集画面でリンクを挿入すると、テキストリンクになってしまいます。

やっぱりブログカード(カード型のリンクのこと)を使いたい!ということで、はてなブログのサービスを使わせてもらうことにしました。

 

▼詳しくはこちらのブログを参照▼

moca-memo.blogspot.com

 

 目次のカスタマイズ

はてなブログでは編集画面の「目次」ボタンを押すと、自動的に「:contents」が挿入され目次が入りましたが、Bloggerにはそういった機能はありません。

 

そこでこちらを参考にカスタマイズをしました。
表示する場所や表示形式、デザインまでカスタマイズする方法が紹介されています。

www.sukerou.com

 

記事の装飾

はてなブログでは、記事の装飾(枠をつけたりタイトル付きボックスをにしたり)はCSSとHTMLで指定していましたが、同じようにやってもなぜかうまく行かず…

 

こちらを参考に、直接HTMLで記入することにしました。
はてなブログで意味もわからずやっていたことの詳細が、やっと少しわかってきたような気がします(汗)

www.moca-memo.com

 

おわりに

 

グーグルアドセンスは不承認が続くと、だんだん心しんどくなってきますよね。
何十回と申請されている方は、ほんと尊敬の念に堪えませんし、絶対合格してほしいなと思います。

 

私の選択はお金も時間も気力も、とっても無駄になるので、万人にはお勧めできません。

しかし「なにが原因か分からない」中で、いちばん自力ではどうしようもない部分(ブログのテーマや文章ではない外側の部分)をとりあえず変えてみようという選択です。

 

アドセンスのヘルプ(回答者のものの言い方が気に入らない場合が多いけどw)を見ていると、「はてなブログはハナからダメ。お金がかけられないならBloggerを勧める」と書いている回答者もいます。
私もそれを見て、Bloggerへの引越しという選択肢を考え始めました。

 

ブログサービスを乗り換えても受からなかったらどうしよう(汗)という気持ちもありますが、とりあえず今のところは、この引越しに満足してます!

 

サーチコンソールのインデックスが安定したら、再審査にチャレンジしてみようと思います!

 

▼Bloggerに引っ越したサイトはこちら▼

\ ライフスタイルブログ運営中 /

 

\ Twitterでこの記事を紹介する /

 

\ 応援をポチッとお願いします /

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし専業主婦へ
にほんブログ村

 

 

 

【日記】惑いっぱなしの誕生日【不惑+5歳】

こんにちは。KIKOです。今日は完全に日記です…

 

先日誕生日を迎えました。

孔子の「論語」には

四十にして惑わず

とあるのに、惑いっぱなしのここ数日…(泣)

 

泣き言多めなので、興味のある方だけどうぞ。

 

 

45歳を迎えました

 

昨日45歳の誕生日を迎えました。

Twitterではたくさんの方にお祝いをいただき、うれしかったです。
ブログもTwitterもやっていて良かったと、心から思いました。

ありがとうございました。


すでに「不惑」を迎えてから5年。
それでも迷いっぱなしのワタシ。

自分の情けなさに泣けて来ちゃいます(涙)

 

ブログは迷走

 

先日アドセンスに通らない話を書きました。

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

追記の最後の方にも書きましたが、現在ブログサービスを乗り換えるべく準備中です。

▼ブログサービスを乗り換えました!▼

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

はてなブログはとても書きやすく、使いやすく、表現しやすいサービスだと思います。今後もメインブログとは別の形で、継続してお世話になる予定です。

でも、どうもアドセンス関係とは相性が悪いというイメージが拭えません。

今では「はてなブログ+お名前ドットコム」の組み合わせの場合は、お名前ドットコムの「転送プラス(月額110円)」を利用してアドセンスに申し込むことが一般的になっているようですが、これだってちょっと変な話ですよね。

はてなさんはお名前さん推しのようで、タイアップのキャンペーンだってやってるのに、なぜ追加料金&転送の手間をかけなくてはならないのか?

今でこそwwwなしのドメインが使えるようになりましたが、アドセンス審査に関しても不安な部分が多いです。

 

そこで、Googleがやっているブログサービスなら問題なかろうと引越しを決意しましたが、これまたなかなか初心者には難しい…。

はてなブログほど解説しているブログがないので、思うような装飾や表現ができず(これはワタシの勉強不足ですが)四苦八苦しております。

でも、めっちゃ勉強になることは確かだと思う。
ここ数日で少しは賢くなりました。

やっぱり手を動かすことが、学ぶためには必要だなと痛感しました。

 

▼専業主婦であるわたしがブログに求めるものはこちら▼

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

 

不妊治療で混乱

 

3年ほど不妊治療を続けています。

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

23回目の採卵は2個採れて、2個受精したものの、どちらも桑実胚止まり。
先月は3個採れて、3個受精して、2個凍結という好成績だったので、今回も期待したのですが、あと一歩のところで撃沈…

 

残り少ない治療期間(マジで毎月いつ辞めようかと悩んでいる)をどうしたら有効に活用できるのかと悩みながら昨日診察に行って来ました。
選択肢は3つ。

✳︎ホルモン値が悪かったら、おやすみ周期
✳︎おやすみしちゃうのは時間がもったいないので、移植に向けての検査
✳︎ホルモン値がとっても良かったら、最後の採卵

 

治療スタート時のホルモン数値としては悪くなく、結局採卵を選んだのですが、診察10分後にはもうその選択を後悔する有様。

 

その上、昨晩からは微妙に目眩が止まらなくて、夫と話し合って今周期はおやすみにしちゃいました。
せっかく注射も薬も処方されたけど、クリニックに電話をかけて次周期に使うことに。

 

なんかいろんな人の手を煩わせてしまって申し訳ない。
診察室でホルモン値を知らされて、その場ですぐ治療方針を決めないといけないのが、今のワタシには難しい。覚悟を決めるパワーが足りません。

 

▼2020年末、不妊治療を終わらせました▼

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

▼ときどき手帳を見返して頑張った自分を褒めています▼

ganbara-nai.hatenablog.jp

 

頑張るパワーが足りない

 

主に、自分のパワー不足を感じています。
やる気はあるんだけど、そのやる気を燃やすための燃料が足りない…

 もともと梅雨は気圧も乱高下するし、今年は圧倒的な日照不足で、SAD(冬季うつ=日照時間が少ないと気持ちが落ち込む)持ちのワタシとしてはコンディションはよくない季節。

 

それでも今年はブログに不妊治療に…とうごけていた方だと思います。
今まで経験したことのないコロナ禍や夫の在宅勤務など、環境の変化もあったわりにはメンタルのアップダウンに悩まされずに過ごしてきたのですが、ここらで少し小休止が必要みたい。

双極性障害の波を乗りこなすには、早めにシフトチェンジが大事!!

 

土用期間だし、新月だったし、なんだか心の中を吹く風が変わった気がするので、ガリガリ行動するのはやめて、頑張らないことを頑張ろうと思います。

 

こんなふうに気持ちを吐き出せるブログがあって良かったなと思っています。
いつも読んでくださる皆さんに感謝です(ペコリ)

 

\ 応援をポチッとお願いします /

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし専業主婦へ
にほんブログ村

 

\ Twitterでこの記事を紹介する /

 

Copyright © 2020 KIKOの頑張らない毎日 All rights reserved.
プライバシーポリシー お問い合わせ